その他のれとろ看板


「伊豆へ」 撮影地:滋賀県米原市(非現存) 伊豆の温泉へと誘う観光地看板です。東海道本線沿線で撮影しました。
「日通便」 提供:星野信夫さん 撮影地:石川県 日本通運さんのページへ
日通さんの歴史は明治5(1872)年、飛脚業者を統合して「陸運元会社」を設立したところまで遡ります。 昭和12(1937)年、国の方針従って全国のほとんどの小運送会社が一本化され「日本通運」設立。昭和52(1977)年には「ペリカン便」(当初は「ペリカンBOX簡単便」)を開始されていますので、この「日通便」の看板は昭和52(1977)年以前のものと推測できます。
「富士フイルム」 撮影地:岩手県 富士フイルムさんのページへ
FUJI FILM「フジカラー」富士フイルム 撮影地:埼玉県
富士フイルムさんは昭和9(1934)年創業。フイルムのトップメーカーです。
「フジカラー」ベンチ広告 撮影地:徳島県
「前橋けいりん」 撮影地:群馬県 前橋競輪さんのページへ
なかなか珍しい公営競技の琺瑯看板です。おそらく下半分のスペースには開催日の案内が取り付けられるものと思われます。
お買物は「三田名店デパート」三田市駅前 撮影地:兵庫県
この店はいつ頃まであったのでしょうか?JR宝塚線(福知山線)の三田駅前は再開発が進み、平成17(2005)年には阪急百貨店も入居するキッピーモールがオープンしました。
お買い物は「福屋」 撮影地:広島県 福屋さんのページへ
昭和4(1929)年開業、広島の老舗百貨店です。八丁堀に本店があり、広島駅前、五日市、尾道にも支店を構えています。
「都城大丸デパート」 撮影地:宮崎県
昭和31(1956)年開業、宮崎県都城市にあったデパートです。地元資本の大浦株式会社が経営し、大手百貨店の「大丸」とは無関係でした。平成23(2011)年、残念ながら経営破綻しました。
「深谷ミナミボウル」深谷市役所前 撮影地:埼玉県 ミナミボウルさんのページへ
昭和42(1967)年頃にオープンしたという「深谷ミナミボウル」。今は閉鎖され跡地は住宅になっているようです。
美容と健康の泉!バクレス式「オゾン浴泉」衛生浴場 撮影地:群馬県
バクレス式オゾン浴泉とは?おそらく人工温泉的なものだと思われますが、この看板を掲げる銭湯は群馬県館林市、東京都足立区、神奈川県藤沢市にあるという情報です。
桃山時代の藝術的香り・緑の線香「君が代」東京銀座・孔官堂 撮影地:愛知県(展示品) 日本香堂さんのページへ
「東京銀座」とありますので、昭和17(1942)年に設立された東京孔官堂さんの看板だと考えられます。同社は大阪の孔官堂さんの出張所が独立して設立されました。しかし昭和40(1965)年頃に両社の関係が解消され、昭和41(1966)年に日本香堂と社名を変更した経緯があります。
日本一の良い線香「毎日香」東京銀座・孔官堂 撮影地:青森県(展示品)
東京孔官堂(現・日本香堂)さんの主力ブランドがこの「毎日香」です。今もテレビコマーシャルが多く流され、線香の代名詞とも言えます。
線香「蘭月」東京銀座・孔官堂 撮影地:埼玉県
こちらも東京孔官堂さんの看板ですが、現在「蘭月」は大阪の孔官堂さんが発売している銘柄です。
カメヤマ「亀山ローソク」 撮影地:秋田県(展示品)
昭和2(1927)年創業、三重県亀山市が地盤のろうそくメーカーさんです。以前は売上の大半がアートキャンドルの輸出で占められており、海外での評価が非常に高かったようです。
カメヤマさんのページへ
夏でも曲がらぬ「アカダマ錨」白函・特約店 撮影地:山形県(展示品)
名古屋の赤玉錨ローソク本舗さんの製品らしい。
手近かにある燃料で、手軽るに使える!「イソライトかまど」 撮影地:奈良県
昭和2(1927)年創業、大阪のイソライト工業さんが販売していた珪藻土を使ったかまどです。現在は平成18(2006)年に設立されたグループ会社・イソライト住機さんが扱っています。
イソライト住機さんのページへ
「讀賣旅行会」代理店 撮影地:群馬県 読売旅行さんのページへ
地方の新聞店の建物に、多くの新聞看板に混じって張られていた看板です。読売旅行会さんは昭和37(1962)年設立。読売新聞社100%出資の旅行会社です。この新聞屋さんでもツアーの取次をしていたのでしょう。昭和45(1970)年に「読売旅行」と社名変更しています。
命あずかる運転「苫小牧中野自動車学校」連絡所 撮影地:北海道
「命あずかる運転」とは少々大げさな気もしますが、その通りですね。このキャッチフレーズは今も校舎に大書されているようです。
中野自動車学校さんのページへ

野生の王国「東北サファリパーク」 撮影地:青森県 東北サファリパークさんのページへ
福島県二本松市にあるサファリパークです。この看板は北海道にも分布していますが、北海道から福島のサファリパークへ行く人がどれだけいるのか疑問です。道内ではテレビにも登場した話題の看板です。
野生の王国「東北サファリパーク・那須サファリパーク」 撮影地:富山県 那須サファリパークさんのページへ
栃木県の那須サファリパークも同じ系列なんですね。
贈り物専門店「ハリカ」安中店 撮影地:群馬県 ハリカさんのページへ
全国にフランチャイズ店舗網を持つハリカさんの大型看板です。色が落ちているものも多いですが、マルフクさんとともに日本の郊外・農村風景に欠かせない看板の一つです。

「れとろ看板写真館」本館に戻る 2014年2月11日(「深谷ミナミボウル」「オゾン浴泉」追加)